基礎知識(2/2)カラーモード

カラーモードのチェックを忘れずに

解像度同様に、DTPの作業をしたことがある方でしたら、カラーモードはCMYKというのは理解していると思います。

InDesignやillustratorで製作されたデータは4色(色の三原色CMY+黒)のインクで印刷するために「分版」されます。この時に画像がCMYKになっていないと分解することができないため、画像データも当然CMYKにしておく必要があります。

校正用にプリンターで出力する場合、RGBのままでもそのまま出力されますので、最後まで気付かない場合があります。必ず最初にカラーモードもチェックする習慣をつけましょう。 

カラーモードの確認方法

色域の違いに注意

※RGBの方がCMYKより色の表現域が広いため、RGBからCMYKに変換すると、色味が変わってしまうことがあります。
画集や写真集などクオリティをより高く求められる場合は、カラーモードの変換は印刷所か専門のオペレーターに任せたほうがいい場合もあります。
案件によっては作業前に確認しておくといいでしょう。 

  • line
  • hatena
  • Pocket

関連記事