DTP

DTPとは、Desktop Publishing(またはPrepress)の略語です。

広告や書籍などの印刷において、紙面上への割り付けや組版をコンピューター上で行う工程の総称として使われています。仕事内容は、DTPデザイナー・DTPオペレーター・クリエイティブディレクター・グラフィックデザイナー・組版オペレーター・スキャニングなどに細分化されています。専門性が高いため、派遣で活躍される方も多い業界です。
DTPの基本操作や、商業デザインの仕事に役立つ情報をお届けします。

DTPに関するお仕事はこちら

スウォッチとパターンを理解しよう

スウォッチパレットを活用しよう Illustratorには他のAdobeソフトと同じようにスウォッチパレットがあります。簡単にいえば、よく使う色を登録して便利に使うことができるパレットです。また、色だけでなくパタ...

画像選択編(3/3)まだまだある選択方法

その他の選択方法  ツールや最新機能などを使ってさまざまな選択ができますが、Photoshopにはまだその他にも選択するためのメソッドがあります。新しい機能が追加されたことで、あまり使われなくなったもの...

画像選択編(1/3)ツール

切り抜きや画像編集はまず選択から Photoshopで画像の編集をする時に、編集部分を効率良く選択できるかどうかによって、作業スピードは全く変わってきます。 Photoshopにはもともと画像選択の様々なノ...

データ結合を活用しよう(2)

データ結合(2/2)トラブルとコツ 最初のデータさえしっかりしていれば、データ結合はそんなに難しくないのがおわかりでしょうか。ところが、データ結合には独特なルールもあります。理解して上手に活用していきましょう。 うまく...

表作成を研究しよう(3/3)

表作成はInDesignのほうが便利 InDesignを使った表組み経験がある人は、Illustratorにはなぜ表組みの機能がないのかと思っている人もいるでしょう。InDesignの強力な表作成機能を利用、連携...

表作成を研究しよう(2/3)

表作成にも新機能を活用しよう。 表作成(3/6)ライブペイント ライブペイント自体はそう新しい機能ではないのですが意外に活用されていません。表作成をする時にも便利に使えます。 長方形グリッドツールで枠...

表作成を研究しよう(1/3)

表機能のないIllustrator イラストレーターにはInDesignのような表機能がありません。Illustratorで一般的な表を作成する代表的な方法(前章;表作成)は、この前の章で解説していますが、その他...

新機能を活用しよう

ベテランほど損している? CS~CC以降にIllustratorに追加された機能がいくつかあります。 やや過剰かなとも思えるような装備もありますが、覚えておくことで、作業内容によっては効率良く作業できる場合もあ...