InDesignの文字組み(3/3)スタイルシート

スタイルシートが便利なわけ(作成に強い)

Illustratorはどちらかといえば単ページの制作物が多く、InDesignは複数ページにまたがる制作物におもに使われます。複数ページにわたるということは、それだけ扱うテキストの数も多くなります。


上記のように、数十ページにわたって、何十か所、小見出しや強調箇所などがあった場合、その都度、書体、サイズ、文字色などの変更を変えていくことは現実的ではないですよね。

最初にスタイルシートを設定しておけば、いちいち変更しなくても、ワンクリックで設定完了です。

スタイルシートが便利なわけ(変更に強い)

制作進行中に著者やクライアントから変更の指示があった場合。スタイルシートで設定しておけば、もとの設定を変更するだけで大量ページの変更に対応できます。



段落スタイルシート

「段落」とは

改行から改行(returnからreturn)に挟まれた1ブロックを1段落と呼びます。内容に関係なく、1行でも数百行あったとしても、改行が入るまでが一段落です。

段落単位で文字に関する設定を保存しておけるのが、「段落スタイルシート」です

文字スタイルシート

「文字」とは

最小単位、1文字のことです。言い方を変えれば、マウスで選択した部分だけに設定を加えることができるのが文字スタイルシートです。

「段落スタイル」の登録方法

InDesignのスタイルシート設定は、Illustratorとほぼ同じです。Illustratorで使った経験のある方は同じ要領で行うことができます。

①「文字パレット」と「段落パレット」を使ってフォント、文字サイズ、行送りなどを設定します。

②「段落スタイル」パレットの「新規スタイルを作成」をクリックします。「段落スタイル1」というスタイルが作成されます。

「段落スタイル1」をダブルクリックすると、「段落スタイルオプション」が表示され、各種設定を確認・変更できます。ここではスタイル名を「本文組」に変更しました。

「スタイル設定」の画面を見ると、先ほど指定した書式が登録されていることがわかります。

(もし違っていたら、ここで修正することもできます)

これで「本文組」の段落スタイルが登録されました。「本文組」スタイルを素早く他のテキストに適用してみましょう。「標準段落スタイル」の書式に設定されている文字列を選択します。

「段落スタイル」パレットの「本文組み」をクリックします。段落全体がすぐに「本文組み」スタイルの書式に変更されます!

「文字スタイル」の登録方法

一文字単位でスタイルを設定できるのが文字スタイルシートです。設定手順は段落スタイルシートとほぼ同じです。

「文字パレット」を使ってフォント、文字サイズなど設定します。

テキストを選択した状態で、「文字スタイル」パレットの「新規スタイルを作成」をクリックします。すると、「文字スタイル1」というスタイルが作成されます。

「文字スタイル1」をダブルクリックすると、「文字スタイルオプション」が表示され、各種設定を確認・変更できます。ここではスタイル名を「本文強調」に変更しました。「一般」>「スタイル設定」の画面を見ると、文字パレットで先ほど指定した書式が設定されていることがわかりますね。


では、同様の書式を他のテキストに適用してみましょう。適用させたいテキストを選択します。

テキストを選択した状態で、「文字スタイル」パレットの「本文強調」をクリックします。

グリッドフォーマット

段落設定→段落スタイル、文字設定→文字スタイルがあったように。フレームグリッドにも素早く適用するためのツールがあります。フレームグリッドの場合は「グリッドフォーマット」と呼びます。基本的な設定方法、使用方法は、段落や文字スタイルと同じ手順です。

 

クリエイティブ専門人材派遣会社エキスパートスタッフは、お仕事紹介だけでなく登録クリエイターのDTPレベルアップサポートを行っています。 最新DTPアプリケーションが使える無料の自習室各種セミナーで皆さんのスキルアップをサポートします! 最新DTPアプリケーションが使える無料の自習室各種セミナーで皆さんのスキルアップをサポートします!
  • line
  • hatena
  • Pocket

関連記事